モノをリサイクルすることは、モノを大事にするだけでなく、環境にとてもよく、エコ精神の高い行動だと思います。

エコを考えるならリサイクルが基本!

リサイクルをしてエコ精神を高める

モノをリサイクルする行動はとても大事です。飽きた服も、すぐに捨てるのではなく、フリーマーケットに持って行ってほかの人に使ってもらったりすることもできます。ミシンで塗ったり、切ったりすることで、カバンを作ったり、別のものに変えて再度使うという行動も素晴らしいです。ジャムが入っていた瓶を、きれいに洗って、可愛くデコレートして別の物入れにする人もいます。考え方次第で、モノをリサイクルできます。エコ精神の高い人は、様々なことを自然にやっていると思います。

エコ検定という資格も最近では注目されています。企業側も、そういう意識をきちんともっている人を採用したいと思っています。もったいないということばも、日本だけの言葉です。モノを大事にする精神は、古くから日本にある考え方なのです。近年はものが溢れていて、ただでもモノがいろいろ増えてきます。たとえば、お肉を買ったとしたら、そのお肉はプラスチックのケースに入っています。それをまたビニール袋に入れて持って帰るとした捨てなくてはいけない無駄な包装紙が無駄に増えていきます。昔の商店街の肉屋さんだったら、そういう無駄な包装紙はなるべく少なくしていました。

昔ながらの豆腐屋さんだと、ざるを家から持ってきて、その中に豆腐を入れてもらいます。昔の銭湯ならば、桶や石鹸を各自で持って行ったりして、無駄なものはありません。日常のささいな行動で、エコに貢献できることはたくさんあります。まずはいらなくなったものをリサイクルすることから始めてみてはいかがでしょうか。

Copyright (C)2017エコを考えるならリサイクルが基本!.All rights reserved.