古くなった肌着はウエスとして再利用できます。不要なものをリサイクルに回せばエコに貢献できると思います。

エコを考えるならリサイクルが基本!

エコを意識した生活で不用品をリサイクル

数年前、自宅をリフォームするときに、家の中の不用品を全部見直すことにしました。生活をしていると、気づかぬうちに荷物がどんどん増えていきます。ことに衣服などは、何年も着ない洋服がタンスや押入れの収納スペースを占領しています。私は手始めに、自分の洋服の見直しから始めました。現在進行形で着られる服の箱とリサイクル用の箱を作ることにしました。若い頃に買って高価だから捨てられずにいたコートやワンピース、これはリサイクルに入れます。買ったまま一度も着ない訪問着、これも思い切ってリサイクルボックスです。こうしてみると、捨てられないものは高いお金を出して購入したものが多いですね。

頻繁に着用する洋服は、普段使いの手頃な価格の服です。なんだか矛盾を感じてしまいました。これからは、普段着用する洋服にお金をかけた方が良いかもしれませんね。コートやワンピースは区の布製品の回収に出しました。和服はインターネットで引き取ってくれる所に郵送しました。着物の生地を再利用して新しい商品にしてくれるようです。肌着などで古くなったものは、近隣の病院でウエスとして募集していたのでそちらで利用してもらうことにしました。古くなった肌着は柔らかいので、介護の時に利用するのだそうです。ごみの分別やリサイクルには意識していましたが、それ以外にも自分の生活の中でエコに貢献できるところはあるようです。物の買い方、捨て方には、これからもエコを意識したいと思います。

Copyright (C)2017エコを考えるならリサイクルが基本!.All rights reserved.